コワニー(読み)こわにー(英語表記)François Coignet

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コワニー
こわにー
Franois Coignet
(1835―1902)

フランスの鉱山技術者。コワニエともいう。明治期のお雇い外国人の一人。1855年サンテティエンヌ鉱山学校を卒業。フランス本国、アルジェリア、スペインなどで鉱山技師として働き、1867年(慶応3)薩摩(さつま)藩の招きで来日した。1868年(明治1)明治政府に雇用され、生野(いくの)鉱山に赴任、ここに輸入した新しい鉱山機械を設置し、またフランス人技師を招いて生野鉱山学校を開設するなど近代的な鉱山とした。また全国の鉱山を調査し、「日本鉱物資源に関する覚書」(1876)をまとめた。1877年帰国。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android