さつま

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「さつま」の解説

さつま

鹿児島の芋焼酎。酒名は、薩摩を代表する銘柄になるようにという願いを込めて命名。白麹を使用して仕込み、常圧蒸留で造る。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数16%、20%、25%。蔵元の「佐藤酒造」は明治39年(1906)創業。所在地は霧島市牧園町宿窪田。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典内のさつまの言及

【薩摩汁】より

…豚肉,サツマイモ,ジャガイモなどを使うことも多い。なお,大分県の佐伯などに白身の魚をすりまぜたみそ仕立ての汁を飯にかけて食べる〈さつま〉という料理があり,これを愛媛県宇和島地方では〈さつまじる〉と呼んでいる。【松本 仲子】。…

※「さつま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android