薩摩(読み)さつま

精選版 日本国語大辞典「薩摩」の解説

さつま【薩摩】

[1]
[一] 九州南部、鹿児島県西半部の旧国名。西海道一一か国の一つ。古代は隼人(はやと)族の居住地。鎌倉時代に島津氏が守護となり、江戸時代は一国一藩を形成。廃藩置県後、鹿児島県に編入。薩州。
[二] 鹿児島県の北西部の郡。川内(せんだい)川の中流域にある。かつては薩摩川内市域も含んでいた。
[2] 〘名〙
※雑俳・柳多留‐九一(1826)「薩广から奈良へ飛越堀江町」
※土(1910)〈長塚節〉九「甘藷(サツマ)喰たなんていふんぢゃねえぞ」
※歌舞伎・梅雨小袖昔八丈(髪結新三)(1873)二幕「小(こ)あらい飛白(かすり)の薩摩でも一枚買って貰はにゃあならねえ」
※滑稽本・箱根草(1844‐46)三「『やっぱり三拳勝負がよからう』『ナニ一拳極(サツマ)が早くっていいやな』」
※洒落本・起承転合(1802)承句「『おめへさんなんざァ、こんなたばこをあがりいしたら、ほうがはれいす』〈略〉『コリャなるほどさつまだわへ』」
※浮世草子・御前義経記(1700)三「江戸にては土佐半大夫、さつま、永閑〈略〉おすき次第に節はなほしてお語なされませう」
⑦ 中国・四国地方の郷土料理。鯛やヒラメなどを焼いてすり身にし、白みそとだし汁でのばし、同じ魚の刺身をのせた熱い飯にかける汁かけめし。さつまめし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「薩摩」の解説

薩摩
さつま

鹿児島県北西部、薩摩郡にあった旧町名(薩摩町(ちょう))。現在はさつま町の東部を占める。旧薩摩町は1954年(昭和29)永野、中津川、求名(ぐみょう)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)宮之城(みやのじょう)町、鶴田(つるだ)町と合併、さつま町となった。旧町域は川内(せんだい)川中流域の農山村。JR鹿児島本線川内駅からバスの便があり、国道267号、504号が通じる。江戸時代(1600年代)永野金山が活況を呈し、薩摩藩財政に大きく貢献したが、現在は閉山(1953)している。米、肉牛、タバコ、養蚕などの農業や、林業が中心であるが過疎化が著しい。小工場の誘致もみられる。別府原(びゅうばる)古墳や観音滝(かんのんだき)公園がある。

[田島康弘]

『『薩摩町郷土史』(1968・薩摩町)』『『薩摩町郷土史資料3』(1980・薩摩町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「薩摩」の解説

薩摩
さつま

鹿児島県北部,さつま町東部の旧町域。シラス台地にある。 1954年求名村,中津川村,永野村の3村が合体して町制。 2005年鶴田町,宮之城町と合体しさつま町となる。平地川内川支流の穴川が流れる東部にかぎられ,大部分標高 500m内外の台地である。中心地区の永野は江戸時代から金山で知られたが,1953年閉山。別府原古墳などの遺跡がある。おもな産業は農林業で,米作のほか,果樹,野菜栽培,肉牛の飼育などが行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の薩摩の言及

【鹿児島[県]】より

…北は宮崎・熊本両県に隣接する。
[沿革]
 明治初年までの大隅国,薩摩国にあたり,江戸時代は鹿児島藩(薩摩藩)に属した。1871年(明治4)廃藩置県をへて,大隅国の一部と薩摩国,琉球国は鹿児島県に,他は都城県に属したが,翌年琉球国は鹿児島県を離れ,73年都城県が廃されて現在の県域となった。…

※「薩摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android