コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩 さつま

7件 の用語解説(薩摩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩
さつま

鹿児島県北部,さつま町南東部の旧町域。シラス台地にある。 1954年求名村,中津川村,永野村の3村が合体して町制。 2005年鶴田町,宮之城町と合体しさつま町となる。平地は川内川支流の穴川が流れる東部にかぎられ,大部分が標高 500m内外の台地である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さつま【薩摩】[地名]

旧国名の一。今の鹿児島県の西部にあたる。薩州。

薩摩芋」の略。
薩摩絣(がすり)」の略。

さつま【薩摩】[家名]

江戸古浄瑠璃の一派の家名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

薩摩

日本海軍の戦艦。薩摩型戦艦の1番艦。1907年進水、1911年就役の準弩級戦艦。第一次世界大戦に参加。第一艦隊の旗艦。ワシントン海軍軍縮条約により廃艦が決まり、除籍。1924年に標的艦として沈没。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

さつま【薩摩】


いよさつま。⇒いよさつま

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩
さつま

鹿児島県北西部、薩摩郡にあった旧町名(薩摩町(ちょう))。現在はさつま町の東部を占める。旧薩摩町は1954年(昭和29)永野、中津川、求名(ぐみょう)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)宮之城(みやのじょう)町、鶴田(つるだ)町と合併、さつま町となった。旧町域は川内(せんだい)川中流域の農山村。JR鹿児島本線川内駅からバスの便があり、国道267号、504号が通じる。江戸時代(1600年代)永野金山が活況を呈し、薩摩藩財政に大きく貢献したが、現在は閉山(1953)している。米、肉牛、タバコ、養蚕などの農業や、林業が中心であるが過疎化が著しい。小工場の誘致もみられる。別府原(びゅうばる)古墳や観音滝(かんのんだき)公園がある。[田島康弘]
『『薩摩町郷土史』(1968・薩摩町) ▽『薩摩町郷土史資料3』(1980・薩摩町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の薩摩の言及

【鹿児島[県]】より

…北は宮崎・熊本両県に隣接する。
[沿革]
 明治初年までの大隅国,薩摩国にあたり,江戸時代は鹿児島藩(薩摩藩)に属した。1871年(明治4)廃藩置県をへて,大隅国の一部と薩摩国,琉球国は鹿児島県に,他は都城県に属したが,翌年琉球国は鹿児島県を離れ,73年都城県が廃されて現在の県域となった。…

※「薩摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薩摩の関連情報