コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンウェンツス コンウェンツスconventus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンウェンツス
conventus

原義は「集会」の意。通例次の2つをさす。 (1) ローマ共和政末期の属州に設けられた審問廷。帝政期にはスペインのように皇帝礼拝を行う機関ともなった。 (2) 特にローマ帝国の東方属州にいるイタリア人たちの宗教的集会。彼らは各地方政界に重きをなし,地方総督の裁判・行政上の諮問に答えた。これらコンウェンツスは帝国内のローマ化が進展するにつれて消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンウェンツスの関連キーワード原義

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android