コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集会 シュウエ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐え〔シフヱ〕【集会】

衆会(しゅえ)

しゅう‐かい〔シフクワイ〕【集会】

[名](スル)多くの人が、共通の目的をもって、ある場所に集まること。また、その集まり。「集会結社の自由」「公園で集会する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうかい【集会】

( 名 ) スル
ある共通の目的のために、多くの人が一定の場所に集まること。また、その集まり。寄り合い。 「 -を開く」 「 -場」 「同志者の-する『クラブ』を設け/花間鶯 鉄腸

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集会
しゅうえ

「しゅえ」ともよび、衆会とも書く。多数の人々が論議、議決などのため一堂に会すること。とくに古代以来、寺院社会の組織運営の方法とされ、その淵源(えんげん)は原始仏教の僧伽(そうぎゃ)の戒律に求められる。平安後期以降、寺院集会は盛行し、多分(たぶん)の法(多数決)による集会決議は、寺院法として寺内構成員を拘束した。寺院集会とその決議の形式は、南北朝期以後農村や都市の住民による自治的な共同体運営の方法に大きな影響を与えた。[永村 眞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の集会の言及

【中世社会】より

… 古代律令国家の寺院統制の弛緩,寺社勢力の強大化などの条件のなかで,自律的・自治的集団としての中世寺院が成立した。ここでは僧侶の平等・和合という原始仏教の僧伽(そうぎや)(サンガ)の思想が継承され,寺院の意志決定方式として,集会(しゆうえ)という合議制が,鎌倉時代に一般的制度として定着した。この非族縁的な自律集団の集会は,原則として平等な成員の自治によって運営され,その意志決定は多数決による一味(いちみ)同心,一揆の評定(ひようじよう)として特別の効力をもつものとされた。…

【公安条例】より

…地方公共団体の制定する条例で,主として道路・公園その他公共の使用に供される場所における集会,集団行進,集団示威運動(デモンストレーション)を取り締まる目的で各種の制限を定めるものの総称。公安条例を正規の表題とするものはなく,〈集会,集団行進及び集団示威運動に関する条例〉(東京都,京都市等),〈行進又は集団示威運動に関する条例〉(愛知県等),〈多衆運動に関する条例〉(石川県等)等の表題をもつ。…

※「集会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

集会の関連キーワード奈良県高市郡高取町上土佐佐賀県佐賀市三瀬村藤原トークセッションギルドホールアセンブリークラブハウスジャンボリーミーティングティーチイントークインフォーラム結社の自由治安警察法シナゴーグ集会の自由集会条例寄り合い華族会館屋外集会教研集会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集会の関連情報