コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンクリーション concretion

翻訳|concretion

1件 の用語解説(コンクリーションの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

コンクリーション

堆積岩の特定の自生鉱物組成が団塊状または不規則に濃集したものを総合した名称.溶液から物質が局所的に堆積して発達したもので,一般に核の周りに中心から外側に向けて成長する.生成時期により団塊は,堆積と同時または一次的に形成された同生団塊(syngenetic concretion),地層堆積に引き続いて二次的に形成された後生団塊(epigenetic concretion),周囲の堆積物とほとんど同時に堆積した準同時期団塊(penecontemporaneous concretion)などに分類される.大きさは径1cm以下から30cm以上に変化し,ときに数m以上に及ぶものもある[Becker : 1888, Delkeschamp : 1904, Richardson : 1919, Tarr : 1921, Pettijohn : 1957, 木村ほか : 1973].コンクリーション変成作用に含める考え方もある.ラテン語concretioは共に成長するの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンクリーションの関連キーワードクラン団塊自生粘土質鉱物組成堆積区特徴的鉱物変堆積岩ツーレの法則トゥーレの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンクリーションの関連情報