コンピュータ処理X線断層システム CT-H(読み)こんぴゅーたしょりえっくすせんだんそうしすてむ

事典 日本の地域遺産の解説

コンピュータ処理X線断層システム CT-H

(千葉県柏市 日立メディカルテクニカルアカデミー)
重要科学技術史資料(未来技術遺産)」指定の地域遺産〔第00065号〕。
国産初のCTスキャン。〈製作者(社)〉株式会社日立メデイコ。〈製作年〉1975(昭和50)年

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android