コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重要科学技術史資料 ジュウヨウカガクギジュツシシリョウ

2件 の用語解説(重要科学技術史資料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうよう‐かがくぎじゅつししりょう〔ヂユウエウクワガクギジユツシシレウ〕【重要科学技術史資料】

科学技術の発達史上で重要な役割を果たしたり、生活・経済に大きな影響を与えたりしたものについての技術資料。国立科学博物館が登録・保護する。平成20年(2008)登録開始。現存最古の変圧器、国産商用第1号の白黒テレビ東海道新幹線開通時の車両などが登録されている。愛称は未来技術遺産

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重要科学技術史資料の関連キーワード科学技術振興機構糞虫地方管理空港ゲノム倍加燐酸基公共建築月間公共建築の日主発酵酵母心的表象コラーゲン (collagen)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重要科学技術史資料の関連情報