コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未来技術遺産 みらいぎじゅついさん

3件 の用語解説(未来技術遺産の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

未来技術遺産

東京・上野の国立科学博物館が定めた登録制度により保護される、先進技術による文化財の愛称。正式名称は重要科学技術史資料。「次世代に継承していく上で重要な意義を持つ資料及び国民生活・社会・経済・文化のあり方に顕著な影響を与えた資料の保存と活用を図るのが狙い」として、過去に遡り、時代を画した技術製品が登録される。2008年10月9日に第1回登録製品が制定され、以降、毎年一度選定されている。 選定されると、その製品の所有者に登録証を交付し、同博物館のウェブサイト上で公開される。これまで「電子式卓上計算機 カシオミニ」「トリニトロンカラーテレビ KV-1310」「家庭用ビデオテープレコーダー CV-2000」「全身用X線CT TCT-900S FLEET」「ソニー ウォークマン」「キンチョー 蚊取線香」など、毎年50製品程度が登録されている。14年8月には、レンズ付きフィルム「フジカラー 写ルンです」など49件が登録され、累計の登録製品数は計184件となった。

(2014-8-29)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みらいぎじゅつ‐いさん〔‐ヰサン〕【未来技術遺産】

重要科学技術史資料」の愛称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

未来技術遺産
みらいぎじゅついさん

国立科学博物館が2008年度(平成20)から実施している「重要科学技術史資料」の登録制度で、登録された資料の愛称。過去の科学技術史資料のうち未来へ引き継ぐべき遺産であるという意味で名づけられた。重要科学技術史資料とは、科学技術史において重要な成果を示し、次世代に継承すべき意義をもつ技術、あるいは、国民の生活や経済に顕著な影響を与えた技術であり、日本の全科学技術を対象に歴史的な貢献がなされた技術を評価し、その保存と活用を図ることを目的として登録を行っている。毎年1回、新たに登録された資料が発表され、その情報が同館のホームページで公表される。また、資料の所有者には登録証が交付される。登録された資料の移動や破損などは逐次記録され、資料の散逸防止が図られる。
 初年度は、TYK無線電話機(1913年製作)、電子式卓上計算機カシオミニ(同1972年)、H-ロケット7号機(同1997年)など23件が登録された。2014年度までの登録総数は184件である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

未来技術遺産の関連キーワード国立科学博物館パリ国立科学技術博物館台東区国立博物館上野公園科博国立科学博物館付属自然教育園東京都台東区上野公園飯塚啓東京科学博物館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

未来技術遺産の関連情報