コンプレキサン(英語表記)complexan

世界大百科事典 第2版の解説

コンプレキサン【complexan】

アミノポリカルボン酸類の総称。コンプレキソンcomplexonともいう。少なくとも一つの-N(CH2COOH)2をもっているので,アミンのNとカルボキシル基のOとで配位し,しかもキレートを生成するため,各種金属イオンに対する配位性が強く,多くの金属イオンときわめて安定なキレート化合物をつくる。たとえばニトリロ三酢酸N(CH2COOH)3(略号NTA,H3nta),エチレンジアミン四酢酸(HOOCCH2)2NCH2CH2N(CH2COOH)2(略号EDTA,H4edta),ジエチレントリアミン五酢酸(HOOCCH2)2NCH2CH2N(CH2COOH)CH2CH2N(CH2COOH)2(略号DTPA,H5dtpa)などがそうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンプレキサンの言及

【キレート試薬】より

エチレンジアミン四酢酸(EDTA)は非酸性の≡N基二つと酸性の-COOH基四つをもつ試薬で,ふつう六座および五座配位子として働く。EDTAあるいは類似のアミノポリカルボン酸はコンプレクソンcomplexon(登録商標)あるいはコンプレクサンcomplexanと呼ばれ,多くの金属の分離,精製,分析(とくにキレート滴定)などに広く用いられる。【近藤 幸夫】。…

【キレート試薬】より

…金属イオンに配位してキレート化合物をつくる多座配位子,あるいはそのような多座配位子となりうる化合物をいう。たとえば炭酸は二つの水素イオンを放って炭酸イオンとなり,中心原子Mに配位して4員キレート環をもつカルボナト錯体をつくるから,炭酸,炭酸イオンあるいは炭酸塩は最も簡単なキレート試薬の一つである。同様のものとして,5員キレート環をもつオキサラト錯体をつくる,酸性基二つをもつシュウ酸のようなジカルボン酸がある。…

※「コンプレキサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android