コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプレキサン complexan

1件 の用語解説(コンプレキサンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンプレキサン【complexan】

アミノポリカルボン酸類の総称。コンプレキソンcomplexonともいう。少なくとも一つの-N(CH2COOH)2をもっているので,アミンのNとカルボキシル基のOとで配位し,しかもキレートを生成するため,各種金属イオンに対する配位性が強く,多くの金属イオンときわめて安定なキレート化合物をつくる。たとえばニトリロ三酢酸N(CH2COOH)3(略号NTA,H3nta),エチレンジアミン四酢酸(HOOCCH2)2NCH2CH2N(CH2COOH)2(略号EDTA,H4edta),ジエチレントリアミン五酢酸(HOOCCH2)2NCH2CH2N(CH2COOH)CH2CH2N(CH2COOH)2(略号DTPA,H5dtpa)などがそうである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコンプレキサンの言及

【キレート試薬】より

エチレンジアミン四酢酸(EDTA)は非酸性の≡N基二つと酸性の-COOH基四つをもつ試薬で,ふつう六座および五座配位子として働く。EDTAあるいは類似のアミノポリカルボン酸はコンプレクソンcomplexon(登録商標)あるいはコンプレクサンcomplexanと呼ばれ,多くの金属の分離,精製,分析(とくにキレート滴定)などに広く用いられる。【近藤 幸夫】。…

【キレート試薬】より

…金属イオンに配位してキレート化合物をつくる多座配位子,あるいはそのような多座配位子となりうる化合物をいう。たとえば炭酸は二つの水素イオンを放って炭酸イオンとなり,中心原子Mに配位して4員キレート環をもつカルボナト錯体をつくるから,炭酸,炭酸イオンあるいは炭酸塩は最も簡単なキレート試薬の一つである。同様のものとして,5員キレート環をもつオキサラト錯体をつくる,酸性基二つをもつシュウ酸のようなジカルボン酸がある。…

※「コンプレキサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンプレキサンの関連キーワードカルボン酸酸アミドジカルボン酸オキシカルボン酸アミノ酸デカルボキシラーゼカルボン酸エステラーゼ酸性アミノ酸ジカルボキシルアミノ酸尿ジカルボン酸尿中性アミノ酸

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone