コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーカサスの白墨の輪 コーカサスのはくぼくのわDer kaukasische Kreidekreis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーカサスの白墨の輪
コーカサスのはくぼくのわ
Der kaukasische Kreidekreis

ドイツの戯曲。 B.ブレヒト作。初演は 1948年5月4日,アメリカ,ミネソタ州ノースフィールドの学生による英語版の上演。ドイツ語の初演は,54年6月 15日ベルリーナー・アンサンブルによる公演。革命の最中,危険をおかして養育してきた幼い公子の返還を,平和が回復するや,生母の太守夫人から迫られる下女グルーシャの苦難の物語。すべてのものはそれを所有するのに最もふさわしい者に帰属すべきであるというテーマを描く。 13世紀の元曲,李行道作の『灰闌記』のフランス語版から,ドイツの詩人クラブントが重訳したドイツ語版 (1924) によって戯曲化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コーカサスの白墨の輪の関連キーワードガスキル塚本淳也藤田るみ劇中劇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android