コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰闌記 かいらんき Huī lán jì

1件 の用語解説(灰闌記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいらんき【灰闌記 Huī lán jì】

中国,元代の戯曲。李行甫作。宋の名判官包拯(ほうじよう)の裁判劇の一つ。役人と姦通する長者の正妻が夫を毒殺し,その罪を妾に負わせたうえ,妾腹の男児をわが子と偽って財産の独占を図る事件を裁く。怠惰ながら率直で善良な妾の兄をからませて,庶民の真実をこまかに描いた傑作。そのクライマックスには,石灰で描いた枠内でふたりの母に幼児を争奪させ,先に手を放したほうを実母と認める著名な場をおくが,これは古くから世界の数ヵ国の説話にみられ,この劇ないし講釈にもとづく小説《包公案》を通じて日本にも輸入され,大岡政談中に採り入れられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

灰闌記の関連キーワード還魂記西廂記趙氏孤児南曲南人琵琶記北曲李漁白話文学名判

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone