コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールフィールド こーるふぃーるどPatrick Caulfield

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コールフィールド
こーるふぃーるど
Patrick Caulfield
(1936― )

イギリスの画家、版画家。ロンドンに生まれる。1956年から60年までチェルシー美術学校、60年から63年まで王立美術学校に学ぶ。このころ同校では、ピーター・ブレイクに続くポップ・アートの第二世代デイビッド・ホックニーらが学んでおり、コールフィールドもポップ・アートの画家とみなされることが多い。明確な輪郭線と平面的な彩色によって対象を単純化して鮮やかに描き出す作品で知られている。81年テート・ギャラリーで回顧展が開かれた。1992~93年ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーにて「パトリック・コールフィールド:絵画1963―1992」展が開催され、99年にはロンドンのヘイワード・ギャラリーにて「パトリック・コールフィールド」展が開催された。郡山市立美術館にシルクスクリーンによる版画集『ジュール・ラフォルグの詩』(1973)が収蔵されている。[斉藤泰嘉]
『郡山市立美術館編・刊『郡山市立美術館所蔵品目録』(1992)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コールフィールドの関連キーワードライ麦畑でつかまえてコウルフィールドケンタッキー州グリース2

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android