コールフィールド(読み)こーるふぃーるど(英語表記)Patrick Caulfield

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コールフィールド
こーるふぃーるど
Patrick Caulfield
(1936― )

イギリスの画家、版画家。ロンドンに生まれる。1956年から60年までチェルシー美術学校、60年から63年まで王立美術学校に学ぶ。このころ同校では、ピーター・ブレイクに続くポップ・アートの第二世代デイビッド・ホックニーらが学んでおり、コールフィールドもポップ・アートの画家とみなされることが多い。明確な輪郭線と平面的な彩色によって対象を単純化して鮮やかに描き出す作品で知られている。81年テート・ギャラリーで回顧展が開かれた。1992~93年ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーにて「パトリック・コールフィールド:絵画1963―1992」展が開催され、99年にはロンドンのヘイワード・ギャラリーにて「パトリック・コールフィールド」展が開催された。郡山市立美術館にシルクスクリーンによる版画集『ジュール・ラフォルグの詩』(1973)が収蔵されている。[斉藤泰嘉]
『郡山市立美術館編・刊『郡山市立美術館所蔵品目録』(1992)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android