郡山(読み)こおりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡山
こおりやま

鹿児島県中部,鹿児島市北西部の旧町域。薩摩半島北部に位置する。 1956年下伊集院村の一部を編入して町制。 2004年鹿児島市に編入。江戸時代は島津氏の直轄地。北部と東部は山地が占め,そのほかはシラス台地と甲突 (こうつき) 川本・支流の谷底平野。主産業は農業で,米,サツマイモ葉タバコの生産が多い。 1960年代初期からアスパラガスダイコンハクサイなど野菜栽培が盛ん。肉牛飼育も行なわれる。鹿児島湾の展望がよい入来峠,島津忠久が創建した花尾神社などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こおりやま【郡山】

福島県中央部にある市。近世以後は交通の要地となり、商工業地として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の郡山の言及

【大和郡山[市]】より

…奈良県北西部の市。1953年郡山町に平和,矢田,治道(はるみち),昭和の4村が編入,翌54年大和郡山町と改称して市制。人口9万5165(1995)。…

【大和国】より

… 大和国は倭国,大倭国,大養徳国,山門国,日本国,大日本国などと表記されるほか,《万葉集》には,山常,山跡,和,大和などともみえている。藤原宮跡出土の木簡に〈倭国所布評〉と記すものがあり,707年(慶雲4)11月の威名大村骨蔵器銘文には,〈大倭国葛木下郡山君里〉の表記がみえている。一方,《続日本紀》では,大倭国,大養徳国,大和国などの表記がみえ,737年12月27日に,大倭国を改めて大養徳国としたが,747年3月16日に再び大倭国としたという。…

※「郡山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郡山の関連情報