コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡山 こおりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡山
こおりやま

鹿児島県中部,鹿児島市北西部の旧町域。薩摩半島北部に位置する。 1956年下伊集院村の一部を編入して町制。 2004年鹿児島市に編入。江戸時代は島津氏の直轄地。北部と東部は山地が占め,そのほかはシラス台地と甲突 (こうつき) 川本・支流の谷底平野。主産業は農業で,米,サツマイモ葉タバコの生産が多い。 1960年代初期からアスパラガスダイコンハクサイなど野菜栽培が盛ん。肉牛飼育も行なわれる。鹿児島湾の展望がよい入来峠,島津忠久が創建した花尾神社などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こおりやま〔こほりやま〕【郡山】

福島県中部の商工業都市。奥州街道宿場町として発達し、交通の要地同県の経済の中心。人口33.9万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こおりやま【郡山】

福島県中央部にある市。近世以後は交通の要地となり、商工業地として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の郡山の言及

【大和郡山[市]】より

…奈良県北西部の市。1953年郡山町に平和,矢田,治道(はるみち),昭和の4村が編入,翌54年大和郡山町と改称して市制。人口9万5165(1995)。…

【大和国】より

… 大和国は倭国,大倭国,大養徳国,山門国,日本国,大日本国などと表記されるほか,《万葉集》には,山常,山跡,和,大和などともみえている。藤原宮跡出土の木簡に〈倭国所布評〉と記すものがあり,707年(慶雲4)11月の威名大村骨蔵器銘文には,〈大倭国葛木下郡山君里〉の表記がみえている。一方,《続日本紀》では,大倭国,大養徳国,大和国などの表記がみえ,737年12月27日に,大倭国を改めて大養徳国としたが,747年3月16日に再び大倭国としたという。…

※「郡山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

郡山の関連キーワード福島県郡山市富久山町久保田福島県郡山市富久山町北小泉福島県郡山市富久山町南小泉福島県郡山市富久山町八山田福島県郡山市日和田町八丁目福島県郡山市日和田町梅沢福島県郡山市西田町三町目福島県郡山市西田町根木屋福島県郡山市富久山町堂坂福島県郡山市日和田町高倉福島県郡山市富久山町福原福島県郡山市西田町阿広木福島県郡山市西田町板橋ゆうゆうあぶくまライン奈良県大和郡山市新木町福島県郡山市西田町木村福島県郡山市西田町黒田福島県郡山市葉ノ木谷地福島県郡山市西田町芹沢奈良県大和郡山市城南町

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郡山の関連情報