コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールラウシュのイオン独立移動の法則 Kohlrausch law of ion independent mobility

法則の辞典の解説

コールラウシュのイオン独立移動の法則【Kohlrausch law of ion independent mobility】

電解質溶液中においては,それぞれのイオンは他のイオンに影響を受けることなく,電解質の全伝導率にある固有の寄与をする(厳密にはイオン間にある相互作用が完全に無視できる条件下でしか成立しない).

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のコールラウシュのイオン独立移動の法則の言及

【コールラウシュの法則】より

…F.W.G.コールラウシュが1875年に発見した法則。〈コールラウシュのイオン独立移動の法則〉ともいう。無限希釈溶液中における電解質の当量伝導率Λは,電解質を構成している陽イオンおよび陰イオンの無限希釈状態におけるイオン当量伝導率λ+およびλ-の和に等しい,という法則。…

※「コールラウシュのイオン独立移動の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コールラウシュのイオン独立移動の法則の関連キーワードコールラウシュの法則

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android