コーロア(英語表記)Co Loa

世界大百科事典 第2版の解説

コーロア【Co Loa】

ベトナム北部,ハノイ北東の村。前3世紀のアンズオン(安陽)王がつくったとされるコーロア城が全村を覆う。城址は全周8kmの円形外城,6.5kmの間城,1.6kmの方形内城の三段構えで,各城塁の外に幅10~30mのが巡る。外濠は南東でホアン川と一致し,内城も南東に偏る。アンズオン王は船で三濠を回って川に出たと伝える。水陸両戦用の城は,宇宙論的に山と水,天(円)と地(四角)の統一を意味し,巻貝の象徴論等も絡む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android