遺構(読み)いこう(英語表記)structure

翻訳|structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「遺構」の解説

遺構
いこう
structure

人間が残した痕跡のうち,動かすことのできないもの。居住などを示す建物の,各種のの跡,さまざまな祭祀の場,道路など,そのほか水田,牧場漁場狩場など生産に直接かかわるもの,窯跡,精錬址のような道具の生産にかかわった場,不要なものを捨てた場など人間の暮しに関する種々の遺構がある。発掘調査の現場においては,すべての遺構の用途を決定できないが,今日の調査精度の向上と各種の自然科学的な分析法の発展により多くのものが確認されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「遺構」の解説

い‐こう ヰ‥【遺構】

〘名〙 残存する古い建築物。また、昔の土木建築の構造や様式などを知る手掛かりとなる残存物。
※大和古寺風物誌(1943)〈亀井勝一郎〉唐招提寺「金堂は奈良時代の大寺の金堂の形式を伝へる唯一の遺構といはれる」 〔杜甫‐玉華宮詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「遺構」の解説

いこう【遺構】

遺構は遺物とともに遺跡を構成する。動産的な性格をもつ遺物に対して,遺構は過去の人間活動の所産で,特定の土地に結びついた不動産的な性格を備えたものといえよう。通常,遺構は製作あるいは構築当初備えていた機能を失い,その一部あるいは大部分が破壊あるいは消滅していることが多い。住居の遺構である竪穴式住居跡は住居の地中に掘りくぼめた基底部分にすぎないし,官衙寺院の遺跡を構成する主要な遺構は,基壇や掘立柱柱穴など,かつての建造物のごく一部分にすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の遺構の言及

【遺跡】より

…現在,日本では26万4000ヵ所の遺跡が保護の対象として登録されているが,そのうちほぼ半分近くが地上に顕在している遺跡である。 遺跡は不動産的性格をもつ遺構と動産的な遺物から構成されている。また,遺構と遺物が一定の空間的関係を維持している状況を遺跡とする考えもある。…

【埋蔵文化財】より

…それには,河川,湖沼,海などの水中にあるもの,あるいは地表面に露呈しているものも含まれる。1950年に施行された文化財保護法にみえる概念で,考古学でいう遺構と遺物をほぼ指しているとみてよい。その所在地は埋蔵文化財包蔵地と呼ばれ,おおよそ考古学の遺跡に相当する。…

※「遺構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android