安陽(読み)あんよう

日本大百科全書(ニッポニカ)「安陽」の解説

安陽
あんよう / アンヤン

中国、河南(かなん)省北端にある地級市。4市轄区、内黄(ないこう)など3県を管轄し、林州(りんしゅう)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口611万4000(2014)。1949年、安陽県の市街部を母体に市に昇格した。京広線と京広高速鉄道、晋豫魯(しんよろ)鉄道(呂梁(りょりょう)―日照(にっしょう))が通過し、崗子窰(こうしよう)(邯鄲(かんたん)市磁(じ)県)へ通じる安李(あんり)線の起点でもある。2016年には、晋豫魯鉄道と安李線とを結ぶ連絡鉄道の建設が始まった。石炭や鉄鉱石を産することから、安陽鋼鉄集団の中型鉄鋼コンビナートがあるほか、農業機械、工作機械、電機工業などが発達している。また、黄河(こうが)流域ワタ作区の主産地にあり、ワタや小麦の集散地である。

 西郊の小屯(しょうとん)村には殷(いん)の都の跡である殷墟(いんきょ)(2006年世界遺産の文化遺産に登録)があり、甲骨文が多数出土したことは有名である。秦(しん)代に安陽県が置かれ、北周の時代に鄴(ぎょう)県に変わったが、隋(ずい)代以降ふたたび安陽県となった。五代においては彰徳軍、明(みん)・清(しん)代には彰徳府が置かれたため、中華人民共和国成立前まで彰徳と俗称された。

[駒井正一・編集部 2017年12月12日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「安陽」の解説

安陽
あんよう

中国,河南省北端の県および都市
北西方に殷墟がある。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「安陽」の解説

あんよう アンヤウ【安陽】

中国、河南省北部の都市名および県名。京広鉄路に沿う商工業地。市の西北郊の小屯(しょうとん)には殷代の都の遺跡として名高い殷墟がある。アンヤン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「安陽」の解説

あんよう【安陽 Ān yáng】

中国,河南省北部の省専区轄市。人口66万(1994)。太行山脈の東麓にあり,東には華北平原がひらけ,河北と中原を結ぶ交通の要地である。晋時代に安陽県がおかれ,明・清時代には彰徳府がおかれた。市街は京広鉄道(北京~広州)に沿い,紡績のほか冶金や機械工業も発達し,この地方の政治経済の中心である。付近には新石器時代以来の遺跡が多いが,なかでも市の北西約3kmの小屯(しようとん)村を中心とする殷王朝後期の都址は,いわゆる殷墟として有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の安陽の言及

【河内】より

…中国,河南省の北東部,東と南とを黄河に囲まれた地域の古名。だいたい今日の安陽・新郷2地区を占め,古代文化の発生地の一つである。戦国時代には魏国の領土で,漢代その西部に河内郡がおかれ,のち懐州とも称し,明・清時代には懐慶府といわれた。…

【河南[省]】より

…それは彩色土器という特色のある土器をともなう文化で,当時すでに稲作の行われていたことも知られている。歴史時代に入ると,安陽の殷墟は最初の甲骨文字の出土地として有名で,殷代後期の都の所在地であった。今日の省都である鄭州はそれに先立つ殷代中期の代表的遺跡で,広大な城壁の存在が当時の都であったことを示している。…

※「安陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android