コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安陽 アンヨウ

百科事典マイペディアの解説

安陽【あんよう】

中国,河南省北部の都市。別名彰徳京広鉄路(北京〜広州)に沿う商業の中心で,安陽河は衛河にはいって天津に通じる。北郊の小屯は殷墟(いんきょ)で著名。北西郊に大炭田がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんよう【安陽 Ān yáng】

中国,河南省北部の省専区轄市。人口66万(1994)。太行山脈東麓にあり,東には華北平原がひらけ,河北と中原を結ぶ交通の要地である。晋時代に安陽県がおかれ,明・清時代には彰徳府がおかれた。市街は京広鉄道(北京~広州)に沿い,紡績のほか冶金や機械工業も発達し,この地方の政治経済の中心である。付近には新石器時代以来の遺跡が多いが,なかでも市の北西約3kmの小屯(しようとん)村を中心とする殷王朝後期の都址は,いわゆる殷墟として有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんよう【安陽】

中国、河南省北部の都市。機械・電気機器などの工業が盛ん。綿花・小麦の集散地。北西郊に殷墟いんきよがある。アンヤン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安陽
あんよう / アンヤン

中国、河南(かなん/ホーナン)省北端にある市。同名地区、県の公署および政府所在地。1949年、安陽県の市街部を母体に市に昇格した。京広鉄道が通過し、崗子窰(こうしよう)および林県へ通じる安李(あんり)線の起点でもある。安陽鉄鋼公司(コンス)の中型鉄鋼コンビナートのほかに、農業機械、工作機械、電機工業などが発達している。また、黄河(こうが/ホワンホー)流域ワタ作区の主産地のなかにあり、ワタや小麦の集散地である。西郊の小屯(しょうとん)には殷(いん)の都の跡である殷墟(いんきょ)があり、甲骨文が多数出土したことは有名である。秦(しん)代に安陽県が置かれ、北周には(ぎょう)県に変わったが、隋(ずい)以降ふたたび安陽県となった。五代には彰徳軍、明(みん)・清(しん)代には彰徳府が置かれたため、解放前まで彰徳と俗称された。[駒井正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安陽の言及

【河内】より

…中国,河南省の北東部,東と南とを黄河に囲まれた地域の古名。だいたい今日の安陽・新郷2地区を占め,古代文化の発生地の一つである。戦国時代には魏国の領土で,漢代その西部に河内郡がおかれ,のち懐州とも称し,明・清時代には懐慶府といわれた。…

【河南[省]】より

…それは彩色土器という特色のある土器をともなう文化で,当時すでに稲作の行われていたことも知られている。歴史時代に入ると,安陽の殷墟は最初の甲骨文字の出土地として有名で,殷代後期の都の所在地であった。今日の省都である鄭州はそれに先立つ殷代中期の代表的遺跡で,広大な城壁の存在が当時の都であったことを示している。…

※「安陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安陽の関連キーワードコーロアの祭りリン(林)県城子崖遺跡後岡遺跡コーロア外台秘要車馬坑木槨墓婦好墓集散地梁思永韓侂冑甲骨文董作賓甲骨学李済殷墓韓琦白陶小麦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android