巻(き)貝(読み)マキガイ

デジタル大辞泉の解説

まき‐がい〔‐がひ〕【巻(き)貝】

腹足綱の軟体動物総称。特にそのうち、背側に螺旋(らせん)状に巻いたをもつものをさすが、殻が退化して皿状や板状になったものもある。前鰓類(ぜんさいるい)サザエタニシアッキガイなど、後鰓類ウミウシキセワタガイなど、有肺類カタツムリなどに分けられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まきがい【巻貝】

広い意味では軟体動物中,腹足類に属する貝類の総称で,通常背上に巻いた殻をもっているのでこの名がある。しかし,カサガイやヨメガカサガイのように殻が笠形で巻いていない種類,ナメクジや多くの後鰓(こうさい)類のように殻のない種類もある。このため狭い意味では腹足類のうちアワビ,サザエ,バイのように明らかに巻いた殻をもつ種類をいう。腹足類【波部 忠重】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まき‐がい ‥がひ【巻貝】

〘名〙 軟体動物門腹足綱の通称。らせん状あるいはかさ形の殻をもち、足うらが広くて大きい貝の総称。サザエ、タニシ、カワニナ、カタツムリ、アワビなどが含まれる。二枚貝に対応して用いる。(らがい)
※おあんさま(1965)〈大原富枝〉「遠浅のその岸に、小さい巻貝がたくさん這っている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の巻(き)貝の言及

【腹足類】より

…腹足綱Gastropodaに属する軟体動物の総称。巻貝類のこと。体を覆って巻いた石灰質の殻を背上にもち,その中に内臓が入っている。…

※「巻(き)貝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android