コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーンスティープリカー

1件 の用語解説(コーンスティープリカーの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コーンスティープリカー

 トウモロコシからデンプンを作る工程で得られる可溶性成分を乾燥したもの.微生物の培養に用いられるほか,飼料としても使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコーンスティープリカーの言及

【デンプン(澱粉)】より

…この工程の特徴は,トウモロコシを亜硫酸水に浸漬した後に,すべての処理を液中で行い,デンプン,タンパク質,胚芽,外皮をそれぞれ純粋な形に分離してゆく点にある。ウェットミリングの主製品はコーンスターチ(トウモロコシデンプン)であるが,副産物としてコーンサラダオイル,醸造用・飼料用タンパク質のグルテンミール,飼料用のグルテンフィード,微生物の培養基に用いるコーンスティープリカーなどが得られる。現在日本で生産されているデンプンの70%以上が,アメリカ,南アフリカから輸入されたコーンスターチである。…

※「コーンスティープリカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コーンスティープリカーの関連キーワード砂糖蜀黍澱粉種子玉蜀黍色砂糖トウモロコシトウモロコシ粉トウモロコシデンプントウモロコシ油モザイク病(ソルガム・スーダングラス)トウモロコシ (corn, maize)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone