コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルフ会員権 ごるふかいいんけん

会計用語キーワード辞典の解説

ゴルフ会員権

ゴルフ会員権とはゴルフクラブのメンバーとなる権利のこと。会計上は金融商品として扱われ、株式と預託保証金式の2種類の形態がある。ゴルフ会員権は株式+施設利用権と見られるためゴルフ会員権の価値が下がったとしても、税法上は損金として認められにくい。同様にゴルフ場が破綻した場合も、税務上は損金として認められない。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴルフ会員権の関連情報