コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴロク(果洛)チベット(蔵)族自治州 ゴロクチベットぞくGolog Zangzu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴロク(果洛)チベット(蔵)族〔自治州〕
ゴロクチベットぞく
Golog Zangzu

中国西北部,チンハイ (青海) 省南東部の自治州。行政中心地のあるマチェン (瑪沁) 県など6県から成る。北をアムニェマチェン (阿尼瑪卿) 山脈,南をバインハル (巴顔喀拉) 山脈にはさまれた標高 4000m前後の高原にある。北西部のゴレン (鄂陵) 湖とキャレン (札陵) 湖を経てホワン (黄) 河が南東流し,沿岸には広大な草原が広がる。ヒツジ,ヤク,ウシ,ウマが放牧されるが,特に南東部のホワン河の大湾曲点付近はホーチュイ (河曲) 馬の産地として名高い。農業はハダカムギを主とする。チンチョワン (青川) 道路が縦貫する。人口 11万 9973 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴロク(果洛)チベット(蔵)族自治州の関連キーワードホワンホーイエン(黄河沿)マチェン(瑪沁)県

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android