コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やく やく

大辞林 第三版の解説

やく

( 接尾 )
〔動詞五[四]段型活用〕
擬声語・擬態語などに付いて、そのような状態を呈すること、そのような動作をすることの意を表す動詞をつくる。 「ささ-・く」 「つぶ-・く」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

やくの関連キーワード裂罅充填鉱床・裂罅充塡鉱床充填鉱床・充塡鉱床癇持ち・癇持ピーコック藤原頼業花の宰相八色の姓飛越上告為替契約本覚大師施し薬音声訳紺屋役土倉役行疫神連帯借国役方町役場擬声語藍瓶役

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やくの関連情報