サイイド・アフマド・バレールビー(英語表記)Sayyid Aḥmad Barēlwī

世界大百科事典 第2版の解説

サイイド・アフマド・バレールビー【Sayyid Aḥmad Barēlwī】

1786‐1831
北インド,ウッタル・プラデーシュ,ガンガー(ガンジス)川中流域のラーイ・バレーリーの貧農出身で,ムジャーヒディーン運動を指導した。彼はシャー・ワリー・ウッラーの子,シャー・アブドゥル・アジーズShāh ‘Abd al‐‘Azīz(1746‐1824)のもとで学んだ。アブドゥル・アジーズが,異教徒イギリス人のインド支配に対する抵抗をムスリムの義務として訴えたとき,彼は,それをムスリム一般大衆に説いて回った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサイイド・アフマド・バレールビーの言及

【ムジャーヒディーン運動】より

…19世紀初め,現在のパキスタンの北西辺境州を中心に起こった,イギリス支配に対する〈ジハード(聖戦)に参加する者たち(ムジャーヒディーンMujāhidīn)〉の運動。その中心はサイイド・アフマド・バレールビーで,異教徒イギリス人の支配する植民地インドを,ムスリムの手で解放することを目ざした。1826年,指導者とともにムジャーヒディーンの500人はパンジャーブ北方の北西辺境地方に根拠地をつくり,まずシク王国に対してジハードを宣言した。…

※「サイイド・アフマド・バレールビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android