コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイイド・アフマド・バレールビー Sayyid Aḥmad Barēlwī

1件 の用語解説(サイイド・アフマド・バレールビーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サイイド・アフマド・バレールビー【Sayyid Aḥmad Barēlwī】

1786‐1831
インド,ウッタル・プラデーシュ,ガンガー(ガンジス)川中流域のラーイバレーリーの貧農出身で,ムジャーヒディーン運動を指導した。彼はシャー・ワリー・ウッラーの子,シャー・アブドゥル・アジーズShāh ‘Abd al‐‘Azīz(1746‐1824)のもとで学んだ。アブドゥル・アジーズが,異教徒イギリス人のインド支配に対する抵抗をムスリムの義務として訴えたとき,彼は,それをムスリム一般大衆に説いて回った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサイイド・アフマド・バレールビーの言及

【ムジャーヒディーン運動】より

…19世紀初め,現在のパキスタンの北西辺境州を中心に起こった,イギリス支配に対する〈ジハード(聖戦)に参加する者たち(ムジャーヒディーンMujāhidīn)〉の運動。その中心はサイイド・アフマド・バレールビーで,異教徒イギリス人の支配する植民地インドを,ムスリムの手で解放することを目ざした。1826年,指導者とともにムジャーヒディーンの500人はパンジャーブ北方の北西辺境地方に根拠地をつくり,まずシク王国に対してジハードを宣言した。…

※「サイイド・アフマド・バレールビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サイイド・アフマド・バレールビーの関連キーワードクリック・アンド・モルタルウッジカナウジターラヒンドゥスターニー語デジタルハリウッド大学メタルウッドうっかと鬱乎ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone