小名(読み)コナ

大辞林 第三版の解説

こな【小名】

小字こあざ」に同じ。 ⇔ 大名おおな

しょうみょう【小名】

平安中期以降、小さな名田をもつ者。 「国々の大名-なみゐたる其の中に/平家 11
江戸時代、大名のうち、領地の少ない者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐な【小名】

〘名〙 村や町を小分けした名のこと。小(こあざ)。地字。坪名(つぼな)。⇔大名(おおな)
咄本・当世手打笑(1681)二「所は近江の者でござるといふ。いや、それでもなひ。ここの小名(コナ)の事じゃといへば」 〔地方凡例録(1794)〕

しょう‐みょう セウミャウ【小名】

〘名〙 (「みょう」は「名」の呉音)
① 中世、比較的に勢力の小さい在地領主。
※高野本平家(13C前)八「内侍には一門の源氏上座して、末座に大名小名(セウミャウ)なみゐたり」
江戸時代、一万石以上の大名の中で領地の少ないもの。小諸
※御触書寛保集成‐慶長二〇年(1615)七月「国々の大名、小名并びに諸給人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小名の言及

【字】より

…例えば,宮城県の二,三の郡部の小字名についてみれば,2字の小字名は全体の4割程度である。つぎに《地方凡例録》の〈字之事〉によると,〈是は田畑其外山林野地等にても,地所の小名(こな)を字(あざな)と云,口上にては名所(などころ)とも,小名とも,下(さ)げ名とも申せども,帳面証文等に認るには字と書ことなり〉と記されている。また《玉勝間》に〈あざ名といふ物の事,其の外にも田地の字,何の字くれの字などいふも,皆正しく定まれる名としもなくて,よびならへるをいへり〉とある。…

※「小名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小名の関連情報