コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小名 コナ

デジタル大辞泉の解説

こ‐な【小名】

村内や町内を小分けした名。小字(こあざ)。⇔大名(おおな)

しょう‐みょう〔セウミヤウ〕【小名】

鎌倉・室町時代、規模の小さい在地領主。
江戸時代、大名のうち、比較的領地の少ない者の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こな【小名】

小字こあざ」に同じ。 ⇔ 大名おおな

しょうみょう【小名】

平安中期以降、小さな名田をもつ者。 「国々の大名-なみゐたる其の中に/平家 11
江戸時代、大名のうち、領地の少ない者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小名の言及

【字】より

…例えば,宮城県の二,三の郡部の小字名についてみれば,2字の小字名は全体の4割程度である。つぎに《地方凡例録》の〈字之事〉によると,〈是は田畑其外山林野地等にても,地所の小名(こな)を字(あざな)と云,口上にては名所(などころ)とも,小名とも,下(さ)げ名とも申せども,帳面証文等に認るには字と書ことなり〉と記されている。また《玉勝間》に〈あざ名といふ物の事,其の外にも田地の字,何の字くれの字などいふも,皆正しく定まれる名としもなくて,よびならへるをいへり〉とある。…

※「小名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小名の関連キーワードアラー・ウッディーン・ハルジー新編相模国風土記稿シロマユテナガザルアブール・ファズル新編武蔵風土記稿イイジマムシクイオフィキナリスカーヌーンゴーミズオジギソウタランチュラボウアオノリカタシオグサ種(種類)応仁の乱タマミルコマドリアカヒゲ白勢検校笑壺の会種形容語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android