サイバー犯罪対策協議会(読み)サイバーハンザイタイサクキョウギカイ

デジタル大辞泉の解説

サイバーはんざい‐たいさくきょうぎかい〔‐タイサクケフギクワイ〕【サイバー犯罪対策協議会】

サイバー犯罪を防止し、コンピューターネットワークの秩序を維持するために、産業界と情報共有・意見交換を図る場として、警視庁が設立した協議会。平成11年(1999)設立。旧名称はハイテク犯罪対策協議会
[補説]京都府警察も平成23年(2011)に「京(みやこ)サイバー犯罪対策協議会」を設立している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android