コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウスエアシャー South Ayrshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウスエアシャー
South Ayrshire

イギリススコットランド南西部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地エアクライド湾に沿って広がり,南部は起伏の激しいサザン高地に属する。湾口にある急斜面の岩山からなるエールザクレーグ島を含む。全域が旧エアシャー県に属する。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。北部のカイル平野では牧牛,南部のカリック丘陵では牧羊と牧牛が営まれ,南部には広大な森林地帯も広がる。温暖な気候は市場向け野菜の栽培に適する。海浜保養地,ゴルフ場などで知られる北西部のエア,プレストウィック,トゥルーンに一大都市圏が形成され,サウスエアシャーの人口の大半が集中。電子機器,食品加工,航空機製造,サービス業なども行なわれる。プレストウィックには国際空港があり,エアにはスコットランド一を誇る競馬場がある。スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズは,エア南郊のアロウェー出身。面積 1222km2。人口 11万1670(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サウスエアシャーの関連キーワードカイル・カリック

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android