サウンド・オブ・サイレンス

デジタル大辞泉プラスの解説

サウンド・オブ・サイレンス

アメリカ、ニューヨーク出身のポピュラー・デュオ、サイモン&ガーファンクルの曲。デビューアルバム「水曜の朝、午前3時」(1964年)にアコースティック・ギターの伴奏のみのバージョンが収録。その後コロムビア・レコードのプロデューサー、トム・ウィルソンが二人に無断でエレキ・ギター、ベース、ドラムスをオーバーダビングしてシングルで発売し、1966年に全米第1位を獲得した。1967年公開のアメリカ映画「卒業」の挿入曲としても有名。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第157位。原題《The Sound Of Silence》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サウンド・オブ・サイレンスの関連情報