コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サソリモドキ類 サソリモドキるいUropygi; whip scorpion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サソリモドキ類
サソリモドキるい
Uropygi; whip scorpion

クモ綱サソリモドキ目に属する種類の総称。体長は一般に 1.5~8cm。体は長方形の前体部,長卵形の腹部,むち状の尾部から成る。一見サソリ類に似ているためその名があるが,尾部がむち状であることからムチサソリ類ともいう。腹部の先端に臭腺があり,外敵に出会うと酢酸臭のある液を射出する。昼間は石の下にひそみ,夜間昆虫類やクモなどを捕食する。世界に2科 16属約 90種が知られ,熱・亜熱帯地方に分布し,特に東南アジアに多い。日本ではアマミサソリモドキ Typopeltis stimpsoniとタイワンサソリモドキ T. cruciferの2種が知られ,九州南部から沖縄にかけて分布している。尾部を除いた長さは 4cm,体は黒色で,尾部と腹面が赤みを帯びる。恐ろしげな印象を与えるが人に害を加えることはほとんどない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サソリモドキ類の関連キーワードコヨリムシ鋏角類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android