黒色(読み)こくしょく

精選版 日本国語大辞典 「黒色」の意味・読み・例文・類語

こく‐しょく【黒色】

〘名〙
① 黒い色。こくしき。
花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一七「黒色の衣を着くる者は」 〔史記天官書
共産主義の赤に対して、アナーキストニヒリストがその運動象徴として使った語。また、イタリアファシストが黒色のシャツを着ていたところから、ファシストまたはファシズムの象徴にも用いた。〔モダン用語辞典(1930)〕

こく‐しき【黒色】

〘名〙
① 黒い色。こくしょく。〔易林本節用集(1597)〕
※子孫鑑(1667か)上「又其道々をならはぬものは、たとへば暗夜に黒色(コクシキ)を見るがごとし」
② =こくしきじょう(黒式尉)〔わらんべ草(1660)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「黒色」の意味・読み・例文・類語

こく‐しょく【黒色】

黒い色。
[類語]漆黒真っ黒真っ黒いか黒い黒い黒黒黒ずむどす黒い浅黒い色黒真っ黒け黒っぽい黒み墨色赤黒い青黒い黒む純黒直黒ひたぐろ鉄色煤色すすいろ烏羽からすばからすの濡れ羽色がんぐろ薄黒い黒変黒ばむ真っ暗暗闇真っ暗闇暗黒ブラックダーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「黒色」の読み・字形・画数・意味

【黒色】こくしよく

黒い色。

字通「黒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android