黒色(読み)こくしょく

精選版 日本国語大辞典「黒色」の解説

こく‐しょく【黒色】

〘名〙
い色。こくしき。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一七「黒色の衣を着くる者は」 〔史記‐天官書〕
② 共産主義の赤に対して、アナーキストやニヒリストがその運動の象徴として使った語。また、イタリアでファシストが黒色のシャツを着ていたところから、ファシストまたはファシズムの象徴にも用いた。〔モダン用語辞典(1930)〕

こく‐しき【黒色】

〘名〙
① 黒い色。こくしょく。〔易林本節用集(1597)〕
※子孫鑑(1667か)上「又其道々をならはぬものは、たとへば暗夜に黒色(コクシキ)を見るがごとし」
② =こくしきじょう(黒式尉)〔わらんべ草(1660)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android