コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッカーくじ

4件 の用語解説(サッカーくじの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サッカーくじ

スポーツ振興のための財源確保を目的に、98年に議員立法により「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」が公布、施行された。くじの実施主体は独立行政法人・日本スポーツ振興センター(前身は日本体育・学校健康センター)。Jリーグが実施する試合および天皇杯を対象に、勝ち、負け、引き分けや、得点数を予想する。通常のくじの種類はBIGtoto、totoGOAL3など5種。19歳未満の購入は禁止。売上金のうち50%は当せん払戻金で、経費を差し引いた収益のうち国庫納付金に3分の1、スポーツ振興事業に3分の2が配分される。これまでに3400件、92億円の助成を実施した。

(2007-12-22 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッカーくじ
サッカーくじ

スポーツ振興くじ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッカーくじ
さっかーくじ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の勝敗を対象にしたくじ。正式名称はスポーツ振興投票。愛称はtoto(トト)。1998年(平成10)5月に根拠となるスポーツ振興投票実施法が成立した。99年8月には、くじの販売などの業務が大和銀行に委託されることが決まった(現在は、りそな銀行が受託金融機関)。2000年秋に地域限定でテスト販売、2001年3月から正式に発売。投票するには、1口100円を単位としたマークシート式の投票券を購入する。指定された13試合を対象にそれぞれホームチームの「勝ち」「負け」「引き分け(2002年までは「その他」=J1は延長戦突入、J2は引き分け)」のいずれになるかを、すべて当てると一等、1試合だけ外すと二等、2試合外すと三等とする。払戻金は売上金の2分の1をこえない金額で、一等賞金は上限1億円。払い戻しは全国に約8600店舗ある信用金庫で行う。投票券は金融機関やガソリンスタンド、スポーツ用品店などで販売。2003年からは指定された5試合(10チーム)についての得点を予想するトト・ゴールtotoGOALも発売されている。19歳未満購入禁止を徹底するために、初回購入者全員の身分証明書などを確認し、その場で生年月日記載のIDカードを発行する。[大崎公一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサッカーくじの言及

【宝くじ(宝籤)】より

…なお,94年に始まった〈ナンバーズ〉は,3けたもしくは4けたの数字を購入者が自ら選択する方式の宝くじで,当せん金額は発売額と当せん者数によって変動する。また,サッカーJリーグの試合結果にかけるサッカーくじが98年〈スポーツ振興投票実施法〉によって認められ,2000年春から日本体育・学校健康センター(文部省所管の特殊法人)によって実施されることとなった。 一方,宝くじも大型化し,1968年に1等賞金が1000万円(1枚100円)になった。…

※「サッカーくじ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サッカーくじの関連情報