サット・カーリヤ・バーダ(英語表記)sat-kārya-vāda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サット・カーリヤ・バーダ
sat-kārya-vāda

インド哲学用語。諸思想を因果説からみて2種に区別するうちの一つ。原因のうちにすでに結果が存在するとく考え方。この説の代表的なものがサーンキヤ説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android