コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモラチンチペ州 サモラチンチペZamora-Chinchipe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモラチンチペ〔州〕
サモラチンチペ
Zamora-Chinchipe

エクアドル南端部の州。州都サモラ。アンデス山脈東斜面にあり,南と東はペルーに続く。アマゾン川源流マラニョン川の流域に属し,熱帯雨林におおわれる。住民の大半は純粋なインディオで,おもに原始的な自給農業を営む。面積2万 681km2。人口6万 6167 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サモラチンチペ州の関連キーワードアマソナス地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android