サンクラブリー(英語表記)Sangkhlaburi

デジタル大辞泉の解説

サンクラブリー(Sangkhlaburi)

タイ西部の町。カンチャナブリーの北西約250キロメートル、ミャンマーとの国境近くのカオレーム国立公園内に位置する。カオレムダムの建設に伴ってつくられた。タイ人のほか、ミャンマーの内戦から逃れてきたモン族やカレン族が多く居住する。モン族出身の僧侶ウッタマが建てた仏教寺院ワットワンウィウェカラームや、同国最長の木造橋であるモンブリッジがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android