サージ電流(読み)サージデンリュウ(英語表記)surge current

デジタル大辞泉 「サージ電流」の意味・読み・例文・類語

サージ‐でんりゅう〔‐デンリウ〕【サージ電流】

定常的に電流が流れている電気回路などで発生する、瞬間的に激しく変動する電流。サージ電圧にともなって生じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「サージ電流」の意味・わかりやすい解説

サージ電流
サージでんりゅう
surge current

進行波電流とも呼ばれる。電気回路の開閉時や,雷撃などによって回路に流れるパルス状の大電流のこと。サージ電流は大きな電力 (時間的には短い) をもっており,かつ光の速度で送電線路を移動し,線路終端で反射するなどして,高電圧を引起し,電気回路が瞬時にして損傷されることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android