雷撃(読み)ライゲキ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① かみなりがおちること。また、刑罰や征討などがきびしく行なわれることのたとえ。
※天変地異(1868)〈小幡篤次郎〉雷避の柱の事「是雷撃の起る所以にて」 〔韓詩外伝‐巻六〕
② 魚雷などによって敵艦を攻撃すること。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
※俘虜記(1948)〈大岡昇平〉「潜水艦の雷撃を免かれてマニラに着くことが出来れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雷撃の言及

【雷】より

… 落雷,雲放電ともに放電の規模は同程度であり,長さは2~20km(代表値5km)で,0.1~1.0秒(代表値0.4秒)にわたって多数の火花放電をくりかえし,雷雲細胞に分布する電荷の大部分を中和しつくす。落雷の場合は雷撃strokeとよばれる雲と大地を結ぶ放電を1~14回くりかえす。
[人体への落雷]
 多数の模擬雷撃実験や人体への落雷事故の精密な調査,研究により,従来流布している心得や考え方には根拠のないものが多いことが判明した。…

※「雷撃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android