コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サードパーティー サード パーティー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サードパーティー

オリジナル製品を開発・販売している企業以外で、互換性や関連性のあるソフトウェアハードウェアを開発・製造している企業の総称。ソフトウェアのサードパーティーはISV(Independent Software Vendor)、ハードウェアのサードパーティーはIHV(Independent Hardware Vendor)と呼ぶ。これに対し、オリジナルの製品を作っているメーカーの製品を純正品という。サードパーティーの製品は、純正品に比べて安く、機能面での違いも少ないが、保証が明確でないといったリスクがある。しかし、サードパーティーの製品が増えることでユーザーの選択肢が広がり、競争により価格が下がるといったメリットがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

サードパーティー

周辺機器メーカーのように、他社製品のオプション製品を作っている、第三者メーカーのことです。ソフトでも、OSやパソコンのメーカー以外のソフト制作会社などがこう呼ばれます。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

サード‐パーティー(third party)

《第三者の意》コンピューター本体を製造している企業やその系列企業以外の、ソフトウエアや周辺機器などを作るメーカーの総称。サードベンダー。→純正品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サードパーティー【third party】

第三者。
二大政党制における第三政党。
ある企業やその提携企業が構築したビジネス-モデルに、第三者的に参加する企業のこと。コンピューター市場における周辺機器のメーカーやソフト制作会社、物流におけるサード-パーティー-ロジスティクスなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サードパーティーの関連キーワードモンスターハンターオープンシステムガイ・カワサキロジスティクス丸和運輸機関エコシステムチップセットゲームパッド二大政党制DDR

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サードパーティーの関連情報