コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サード・ブン・アビー・ワッカース Sa‘d b.Abī Waqqās

世界大百科事典 第2版の解説

サード・ブン・アビー・ワッカース【Sa‘d b.Abī Waqqās】

?‐670ころ
イラクを征服したアラブ軍の将。クライシュ族ズフラ家の人。ムハンマドのメッカ時代からの信徒。第2代カリフのウマル1世によりイラク征服軍の指揮者に任命され,ユーフラテス川中流のカーディシーヤal‐Qādisīyaの戦でササン朝軍を撃破し,続いて首都クテシフォンを陥れた。南イラクに軍営都市クーファを建設し,その駐屯軍の初代総督(アミール)となった。第3代カリフ選出のための6人の長老会議のメンバーに指名されたが,その後は政界から引退した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サード・ブン・アビー・ワッカースの関連キーワードウマル