コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サービス介助士

3件 の用語解説(サービス介助士の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サービス介助士

NPO法人「日本ケアフィットサービス協会」が認定する民間資格ホームヘルパー2級の学習時間130時間のうち、72時間を占める「入浴・排泄(はいせつ)・食事」の部分の学習を省き、通信講座と実習(12時間)を経て、検定試験を受ける。99年に協会ができ、全国で1万人以上が資格を取得。検定にかかる費用は1人3万9900円で、通常2〜3カ月で取得が可能という。

(2006-11-28 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

サービス介助士

NPO法人日本ケアフィットサービス協会が運営する民間資格。お仕着せでない「おもてなしの心」と、入浴・排泄(はいせつ)・食事といった介護技術以外の「介助」技術を得るのが目的。一般向けの2級と、4月から始まった中高生向けの3級がある。00年にスタートし、2級取得者は19日現在で約4万5千人。受講期間は最大1年間。取得費用は一人あたり約4万円。

(2008-05-27 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

サービス介助士の関連キーワードNPOスポーツNPONPOビジネスNPO金融NPONPONPO寄付金控除NPO緊急雇用創出事業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サービス介助士の関連情報