コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サービス介助士

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サービス介助士

NPO法人「日本ケアフィットサービス協会」が認定する民間資格。ホームヘルパー2級の学習時間130時間のうち、72時間を占める「入浴排泄(はいせつ)・食事」の部分の学習を省き、通信講座と実習(12時間)を経て、検定試験を受ける。99年に協会ができ、全国で1万人以上が資格を取得。検定にかかる費用は1人3万9900円で、通常2〜3カ月で取得が可能という。

(2006-11-28 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

サービス介助士

NPO法人日本ケアフィットサービス協会が運営する民間資格。お仕着せでない「おもてなしの心」と、入浴・排泄(はいせつ)・食事といった介護技術以外の「介助」技術を得るのが目的。一般向けの2級と、4月から始まった中高生向けの3級がある。00年にスタートし、2級取得者は19日現在で約4万5千人。受講期間は最大1年間。取得費用は一人あたり約4万円。

(2008-05-27 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

サービス介助士の関連キーワードNPO法人小宮衣理

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サービス介助士の関連情報