コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトガレンの大聖堂 ザンクトガレンのだいせいどう

1件 の用語解説(ザンクトガレンの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ザンクトガレンのだいせいどう【ザンクトガレンの大聖堂】

スイス北東部、ボーデン湖の南のザンクトガレン(〈独〉Sankt Gallen、〈仏〉Saint-Gall)旧市街にあるベネディクト派の旧修道院。ザンクトガレンの名称の由来になったアイルランドの隠修士ガルスが7世紀に建てた僧坊を起源とし、現在、大聖堂と僧院付属の図書館が残され、世界遺産となっている。大聖堂は、1775年から12年の歳月をかけて建設された2つの尖塔を持つバロック様式の建造物で、聖堂内の天井には、ヨゼフ・ヴァネンマッハー(Josef Wannenmacher)などが手がけた天使画を中心とした絵画がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザンクトガレンの大聖堂の関連キーワードザンクトガレンザンクトペルテンブレゲンツボーデン湖クロイツボーデンザンクトガレン修道院ザンクトギルゲンサンクンガーデンブベイマイナウ島

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone