コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧坊 そうぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧坊
そうぼう

僧や尼僧が生活する宿舎僧房ともいう。日本では河内 (大阪) の野中寺泉州 (大阪) の神鳳寺,山城 (京都) の西明寺の三が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐ぼう〔‐バウ〕【僧坊/僧房】

寺院内にある、僧の起居する建物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧坊
そうぼう

僧尼が居住する寺院付属の坊舎のこと。僧房とも書く。南都仏教では、金堂(こんどう)、講堂などとともに、僧坊は七堂伽藍(がらん)の一つに数えられる。禅宗の僧堂に相当する。また、戒律を専門とする寺院の呼称としても用いられる。河内(かわち)(大阪府)の野中寺(やちゅうじ)、泉州(大阪府)の神鳳寺(しんほうじ)、山城(やましろ)(京都府)の西明寺(さいみょうじ)は、とくに三僧坊とよばれた。[阿部慈園]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の僧坊の言及

【長屋】より

…一つの敷地に建てられた建物に一世帯が住んでいる〈独立住宅〉に対して,複数の世帯が一つの建物に住む住居形態を〈集合住宅〉と呼ぶが,長屋は江戸時代以前におけるその一般的な形態である。 日本では長屋は古くからさまざまな形で存在し,奈良時代の寺院の僧の住居であった僧坊も長屋形式である。奈良元興寺の僧坊が古材などから復原されており,その住房の1単位は間口7m弱,奥行13m弱のかなり大きなものである。…

※「僧坊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

僧坊の関連キーワード静岡県浜松市北区引佐町奥山方広寺(静岡県)坊守り・坊守パハルプール遠江国分寺跡宿坊・宿房鹿島[町]バーミヤンささやき竹御坊・御房祇園精舎川原寺跡吉水神社世離れる経木流し宝城坊元興寺本因坊歌林苑粉河寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僧坊の関連情報