尖塔(読み)せんとう(英語表記)spire

  • ×尖塔
  • せんとう ‥タフ
  • せんとう〔タフ〕

翻訳|spire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とがった屋根をもつ。特にロマネスクおよびゴシックの聖堂建築にみられ,13世紀イギリスでは八角錐の塔 broach spireが発達した。アミアン大聖堂やパリのノートル・ダム大聖堂のように身廊翼廊の交差部に尖塔 (フレッシュ ) を建てる例も多い。バットレス (扶壁) の上の小尖塔ピナクル pinnacleと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 屋根の先端がとがって、高く突き出た建物。先のとがった塔。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「大伽藍深林の間に聳え、高龕巍峨、尖塔屹立」 〔仇遠‐道場山詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android