尖塔(読み)せんとう(英語表記)spire

翻訳|spire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖塔
せんとう
spire

とがった屋根をもつ。特にロマネスクおよびゴシックの聖堂建築にみられ,13世紀イギリスでは八角錐の塔 broach spireが発達した。アミアン大聖堂やパリのノートル・ダム大聖堂のように身廊と翼廊の交差部に尖塔 (フレッシュ ) を建てる例も多い。バットレス (扶壁) の上の小尖塔はピナクル pinnacleと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せんとう【尖塔】

細長く先がとがった形の屋根をもつ建物。ゴシック建築の教会などに多く見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐とう ‥タフ【尖塔】

〘名〙 屋根の先端がとがって、高く突き出た建物。先のとがった塔。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「大伽藍深林の間に聳え、高龕巍峨、尖塔屹立」 〔仇遠‐道場山詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尖塔の関連情報