コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖塔 せんとうspire

翻訳|spire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尖塔
せんとう
spire

とがった屋根をもつ。特にロマネスクおよびゴシックの聖堂建築にみられ,13世紀イギリスでは八角錐の塔 broach spireが発達した。アミアン大聖堂やパリのノートル・ダム大聖堂のように身廊と翼廊の交差部に尖塔 (フレッシュ ) を建てる例も多い。バットレス (扶壁) の上の小尖塔はピナクル pinnacleと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せんとう【尖塔】

細長く先がとがった形の屋根をもつ建物。ゴシック建築の教会などに多く見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尖塔の関連キーワードスルターンサラフディンアブドゥルアジズシャーモスクダニーディンのセントポール大聖堂スルターンカブースグランドモスクアハメドパシャカラマンリーモスクスルターンアフマド一世モスククライストチャーチの大聖堂ブライスキャニオン国立公園カラジョズベゴバジャミヤペトロナスツインタワーセントパトリック大聖堂オールドマンオブストーシディバシールモスクカンポンクリンモスクハットルグリムス教会カピタンクリンモスクカテドラル聖イェーカバ大聖堂アルハミースモスク聖ゼバルドゥス教会カラーンミナレット

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尖塔の関連情報