尖塔(読み)せんとう(英語表記)spire

翻訳|spire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「尖塔」の解説

尖塔
せんとう
spire

とがった屋根をもつ。特にロマネスクおよびゴシックの聖堂建築にみられ,13世紀イギリスでは八角錐の塔 broach spireが発達した。アミアン大聖堂やパリのノートル・ダム大聖堂のように身廊翼廊の交差部に尖塔 (フレッシュ ) を建てる例も多い。バットレス (扶壁) の上の小尖塔ピナクル pinnacleと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「尖塔」の解説

せん‐とう ‥タフ【尖塔】

〘名〙 屋根の先端がとがって、高く突き出た建物。先のとがった塔。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「大伽藍深林の間に聳え、高龕巍峨、尖塔屹立」 〔仇遠‐道場山詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android