コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェリフ川 シェリフがわOued Chéliff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェリフ川
シェリフがわ
Oued Chéliff

アルジェリア北部を流れる同国最長かつ最も重要な川。全長 724km。サハラアトラス山脈中のアムール山地 (首都アルジェ南西 300~400km) に源を発し,ツイル川として北東流してオープラトー高原にいたり,沼沢地や小さな湖をつくって水量の大半を失うが,テルアトラス (アトラステリエン) 山脈南麓を流れるナハルウアセル川と合流したのちは,沖積平野 (シェリフ平野) を西流,モスタガネム付近で地中海に注ぐ。水量は不規則で,下流でも航行は不可能だが,中・下流地域では揚水ポンプによる灌漑により柑橘類,オリーブ,ワタなどが栽培され,支流にも発電・灌漑用に多くのダムが建設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シェリフ川の関連キーワードエシュ・シェリフシェリフ県テル地方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android