コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェリホフ湾 シェリホフわんzaliv Shelikhova

1件 の用語解説(シェリホフ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェリホフ湾
シェリホフわん
zaliv Shelikhova

ロシア東部の湾で,オホーツク海北東部に位置する。カムチャツカ半島シベリア本土にいだかれた形で北東方向に大きく湾入する。奥行 650km。最大幅 300km。水深は平均 50~150m,最大 350m。湾奥部はタイゴノス半島により,東のペンジナ湾,西のギジガ湾に分れている。湾岸は一般にけわしい急崖であるが,南東岸の一部に低湿地帯がある。 12月~5月は氷結する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェリホフ湾の関連情報