コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッダ シッダ siddha

1件 の用語解説(シッダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッダ
シッダ
siddha

インド哲学用語。サンスクリット語で「完成した者」の意。転じて,修行を完成した人や完成すべき対象である神通力をも意味する。また,ある種の半神をさし,清浄さと神聖さをそなえ,大地と太陽の間に住み,8種のシッディ siddhiと称する超自然的な力をもつともいわれ,彼らの数はときに8万 8000であるともされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシッダの言及

【タントラ】より

…すると,この性力を完全に支配したとき,その人は最高神と一体化したことになり,あらゆる超能力をそなえたものとして全宇宙を支配することも,あるいはまた解脱することもできる道理になる。この最終的な状態を〈シッディ(成就)〉,その状態に達した人を〈シッダ(成就者)〉といい,その手段を〈サーダナ(サーダナー,成就法)〉という。性力を支配するための成就法には種々あるが,その代表的なものは次の二つである。…

※「シッダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シッダの関連キーワードコールブルックサンスクリット劇サンスクリット語中論プラークリット語梵語レビサンスクリット木村日紀サンスクリット化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シッダの関連情報