神通力(読み)じんずうりき

精選版 日本国語大辞典「神通力」の解説

じんずう‐りき ジンヅウ‥【神通力】

〘名〙 (古く「じんずりき」、後世「じんつうりき」とも) =じんずう(神通)
※御伽草子・伊吹山酒呑童子(古典文庫所収)(室町末)「かれら、しんつうりきのものなれば」 〔添品法華経‐見宝塔品〕
[語誌]「日葡辞書」には「Iinzzǔ」「Iinzzuriqi」が立され、「Iinzzǔ」の項に「Iinzzǔ(ジンヅウ)、または、Iinzzuriqiuo(ジンヅリキヲ) ウル」とあるところから、ジンヅリキという語形が存在したと考えられる。「通」が濁るのは「神」の鼻音韻尾による濁音化だが、近代に入ると「通力」の語への類推からか、ジンツウリキの語形を生じ、一般化している。

じんつう‐りき【神通力】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android