コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シブサーガル Sibsāgar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シブサーガル
Sibsāgar

インド北東部,アッサム州東部の町。ジョールハト北東約 48km,ブラマプトラ川の支流ディコウ川に面する。 17世紀前半にアーオムの王シバ・シンガの都として建設され,1720年にアムビカ・デビにより大貯水池が造られた。茶,木材の取引が盛ん。 17世紀のヒンドゥー教寺院や,グワーハーティ大学のカレッジがある。人口3万 6651 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シブサーガルの関連キーワードディブルガル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android