コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャープゲンゴロウモドキ

百科事典マイペディアの解説

シャープゲンゴロウモドキ

鞘翅(しょうし)目ゲンゴロウ科の1種で日本固有種。別名アズマゲンゴロウモドキ。体長30〜33mm。1984年に再発見されるまで絶滅種と考えられていた。生息地が人の生活空間と隣接した低山帯や平野部であるため,絶滅が憂慮される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

シャープゲンゴロウモドキの関連キーワード鞘翅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャープゲンゴロウモドキの関連情報