コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャープゲンゴロウモドキ

百科事典マイペディアの解説

シャープゲンゴロウモドキ

鞘翅(しょうし)目ゲンゴロウ科の1種で日本固有種。別名アズマゲンゴロウモドキ。体長30〜33mm。1984年に再発見されるまで絶滅種と考えられていた。生息地が人の生活空間と隣接した低山帯や平野部であるため,絶滅が憂慮される。絶滅危惧IA類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

シャープゲンゴロウモドキの関連キーワード鞘翅

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android