コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウェート Schwedt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウェート
Schwedt

正式名称はシュウェートアンデアオーデル Schwedt an der Oder。ドイツ東部,ブランデンブルク州の都市。ベルリンの北東約 90kmのオーデル河畔に位置する。 1479年にポンメルンからブランデンブルクに領有が移り,ホーエンツォレルン家の支配下に入った。第2次世界大戦では被害が甚大であったが,同家の城 (1719~23) は破壊を免れた。戦後はソ連からの石油供給線「友好パイプライン」の旧東ドイツの終点となり,工業都市建設が急速に進んだ。精油所は 1963年に操業開始,ロストクの石油専用港からのパイプラインもあり,石油コンビナート,肥料工場,製紙工場などの林立する工業地帯の中心となっている。 18世紀以来のたばこ製造も続いている。人口5万 633 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュウェートの関連キーワードホルシュタインシュルツ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android