コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタケ(朱茸) シュタケTrametes cinnabarina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタケ(朱茸)
シュタケ
Trametes cinnabarina

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。広葉樹枯れ木などにつく。普通は幹や枝に水平につくので半円形になる。しかしは肉厚で1~2cm,直径は7~10cmほどのものが多く,ときに1~2cm,または 20cm近いものもある。色は朱色であるが古いものはあせてほとんど白くなる。ヒイロタケによく似ているが,本種は北方系の菌で日本では山地に産し,傘が盛上がって厚いことと傘の裏にみられる管孔 (胞子の出る孔) が大きくて肉眼でも見られる点で区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android